英語教室等行かずにDWEをメインに使って英語はペラペラになるのか

中古ユーザーから正規ユーザーへ ディズニー英語システムを購入してからの日記、活用法など Qpenの使い方も紹介

Qpen使い方 2つの音源をいれる!2回タッチで音が変わる方法(^^)

Qpenは1回目と2回目タッチで音をかえられる

今回はQpenでA面とB面に2つの音源をいれて、2回タッチで音を変える方法にチャレンジしました(^^)

例えばORT(Oxford reading tree)では1回目のタッチでアメリカ英語、2回目のタッチでイギリス英語のようにすることもできます。
他にも英語と中国語の音声を入れたり、歌と物語をいれたり、色々と活用法があると思います(^^)



では、さっそく私が作成した方法です。(私はORTの音源でチャレンジ)

1回目タッチの音源と2回目の音源の準備

1.デスクトップにortAとortBのフォルダを作って(自分がわかりやすい名前でよい)、それぞれにortAに1回目のタッチで流したい音源、ortBに2回目タッチで流したい音源をいれる。タイトルシールの音(私の場合、下の写真で01introというデータ)はわかりやすいように、フォルダの下に移動しておく。
!!注意!!この時、必ずファイルの名前の番号を合わせておく!
下の写真参考に
rblog-20181013172422-00.jpg


2. Client 起動→左下のAdditionalクリック→SmartBuildetダブルクリック→New Project→Browse...→デスクトップ→ortAを選択→Nameを自分で入力(今はorttestとしました)→ok



3. 左上のunsetクリック→タイトル(def)シールの音源を選択(私の場合は1の作業の01introのデータ)→開く→Playで音源確認
rblog-20181013215510-01.jpg



4.下のBatchAddクリック→デスクトップのortAクリック→ok→はい(下の写真参考に)
rblog-20181013215510-00.jpg


5.左のGroupBを選択→BatchAdd→デスクトップのortBクリック→ok→はい(下の写真参考に)
rblog-20181013215510-02.jpg


6.右のLabel Book Exにチェックを入れる
(GroupAだけの音源をいれたいときはLabel Bookにチェック)→デスクトップに保存ファイル名orttest


7.開いているページ全て閉じるor最小化にして、デスクトップに作られたORTtestのファイルをダブルクリックし、Qpenとパソコンを繋ぐ(写真参考に)
rblog-20181013215510-03.jpg



8.Title label(defシール番号)とsmartlabel(内容シール番号)を自分で入力。この時、ほかのデータと番号が被っていないか必ず確認する!→Install→完成

私は最後の作業でいつもエラーになりますが、再起動してネットに接続したまま7の作業をするとインストールすることができました(^^)エラーの原因はわからないままです、、、

もし7の手順の写真が出てこなければ、Client起動→BookInstallerクリック→デスクトップのorttestクリック→開く→8の作業



みなさんはAとBに入れてインストールできましたか?私はかなり苦戦しました笑

あと、えっ?そこ違うよ!とかあればメッセージください(^^)
みんなで使い方、マスターできたらいいなぁ。。。



いつもsarashizuki_dweのブログを見ていただき有難うございます。
この記事が参考になった方
私を応援してくださる方は
クリックでいいね!していただけると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村




Qpenについての質問など、あれば気軽にメッセージください(^^)
かりんとうからの紹介と言っていただければメルカリやラクマで1000円引きで購入できます(^^)さらに安くて購入したい方はインスタsarashizuki_dweまでメッセージください(^^)